話題の渋谷アクシュ(SHIBUYA AXSH)に行ってきました

2024年7月8日オープンの渋谷アクシュ(SHIBUYA AXSH)。内覧会に招待してもらえたので、オープン前に行ってきました。

渋谷と青山が握手

場所は、渋谷駅を出て渋谷ヒカリエを通り過ぎた渋谷2丁目の場所にあります。もともとこの場所にあったいくつかの建物を再開発という手法で生まれた施設になります。渋谷ヒカリエからデッキで繋がり、さらに青山通りを超えて渋谷クロスタワーまでデッキで繋がっていきます。

▲渋谷駅側の広場「SHIBUスポット」とヒカリエデッキ

▲青山通りを超えて渋谷クロスタワーに繋がる

渋谷アクシュの公式ホームページよると、このネーミングには以下のような説明があります。

「渋谷アクシュ(SHIBUYA AXSH)」という名称には、青山(AOYAMA)と渋谷(SHIBUYA)の街をつなぎ(X:交差する)、多種多様な人々が行き交う場所で、交流を誘発する施設になっていきたいという思いを込めました。
また、挨拶や友好のしるしである「握手(アクシュ)」の意味から、異なる人々や文化がこの場所でつながり・交じり合い、そこから新たな価値が生まれていく様子を表現しています。

この施設のコンセプトは「TSUNAGI-BA」。青山通りや宮益坂に囲まれていた場所ですが、この施設がまさにつなぐ場になって、渋谷駅東口から青山方面(青渋)につながっていきます。

青山方面の広場にはアート作品が

▲AOスポットにあるフランスのアーティストJean Jullien氏の作品

青山方面にある広場「AOスポット」には巨大なアートが展示されています。
これは現在アートのギャラリーを手がけるNANZUKAのキュレーションによるパブリックアート。定期的に作品が入れ替わる予定とのことです。

特別にオフィスの中も見学

1、2階をつなぐアトリウムはグリーンに溢れた空間になっています。このアトリウムには飲食店などさまざまなお店がオープンする予定です。

▲緑溢れるアトリウム

さらに3階に進むとオフィスエントランス。こちらも緑溢れる明るい空間になっています。

▲3階のオフィスエントランス

そしてこの日だけ特別に見学することができた最上階の23階にはなんと広々とした屋上スペースが。宮益坂上から青山方面への圧巻の眺望を見ることができます。ここは23階に入居するテナントだけが使用できるというなんとも贅沢な庭園です。

▲屋上から見る青山方面の景色は圧巻です

▲渋谷駅東口周辺の発展を紹介したパネル

渋谷アクシュは計画から完成まで17年の歳月を費やしたそうです。ここにさまざまな人が集い新たな街へと成長していくのが楽しみです。

<施設概要>
名称:渋谷アクシュ(SHIBUYA AXSH)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目17番1号
敷地面積:約3,462㎡
延床面積:約44,543㎡
規模:地上23階、地下3階
用途:事務所、店舗、駐車場など
高さ:地上120m
シェア・送る