【11/19(土)~12/16(金)】渋谷スクランブル交差点の上に重なるSTYLYデジタルレイヤーにNFTブランド「NEO TOKYO PUNKS」とのコラボARが登場

シェア・送る

リアルメタバースプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区)は、渋谷スクランブル交差点の上にARを重ねたSTYLYデジタルレイヤーにNFTブランド「NEO TOKYO PUNKS」とコラボレーションしたARゲーム「NEO TOKYO CLASH」を11月19日(金)より追加します。
「NEO TOKYO CLASH」は、同社の提供するリアルメタバースプラットフォーム「STYLY」アプリを使用して体験することが可能です。

 

 

  • ■渋谷スクランブル交差点でNEO TOKYO PUNKSの世界観が楽しめるAR

同社は現実空間をXRで拡張するリアルメタバースプロジェクトの一環として、渋谷スクランブル交差点の上にARを重ねたSTYLYデジタルレイヤーを2022年10月より展開開始。第1弾はNFTブランド「BŌSŌ TOKYO」、Web3企業「MADWORLD HONG KONG LIMITED」とコラボしたARスロット「BŌSŌ SLOT」を提供しました。

今回追加された「NEO TOKYO CLASH」は「BŌSŌ SLOT」に続く第2弾。渋谷スクランブル交差点がNEO TOKYO PUNKSの世界観に変化し、新しいキャラクターの登場なども楽しめる ARミニゲームです。制作はファウンダーの NIKO24 (https://twitter.com/fukusta343) 監修の元、NEO TOKYO PUNKS の NFTホルダーであるアーティストの天現寺 (https://twitter.com/ku6ryo) が担当。コンテンツ内には他のNFTホルダーが制作した二次創作物が登場します。さらに、キービジュアルは「クリエイティブ集団・Konel 」が担当、「新世界テクノロジーズ」「VVQ」など複数のコミュニティ、会社の協力のもと NEO TOKYO PUNKS コミュニティが一丸となり制作。非中央集権的でコミュニティの方針をメンバーを含め議論するという Web3 の流れに沿った、コンテンツ内容、制作方法を取りました。

「NEO TOKYO CLASH」は、同社の提供するリアルメタバースプラットフォーム「STYLY」アプリを使用して体験することが可能です。また、NFTのプレゼント企画や、NEO TOKYO PUNKSのシンボルであるマスクのNFT販売の販売も予定しています。

イベント概要、及びNFT販売に関しては下記webサイトをご確認ください。
https://neo-tokyo-clash.metadimensions.zone/

※本コンテンツは、都市空間をXRで拡張するプロジェクト/コミュニティ「METADIMENSIONS powered  by STYLY」が主導し、制作・配信されています。
HP:https://metadimensions.zone

【開催日時】
2022年11月19日(土)9:00~12月16日(金)23:59
※体験には、渋谷スクランブル交差点を訪れる必要があります。

  •  ■NEO TOKYO PUNKSとは

サイバーパンク×アニメ風イラストを特徴とするNFTコレクション。2050年の東京を舞台に、さまざまなガジェットを装着したキャラクターの姿が描写されている。各キャラクターはランダムに各パーツを組み合わせる「ジェネラティブアート」と呼ばれる手法で作成された。現在、web3 No1 IPを目指し活動を行なっている。

  • ■  METADIMENSIONS powered by STYLYとは

STYLYが進めるリアルメタバース構想に基づき、都市空間に沿ったフラッグシップとなるXRコンテンツを制作する、プロジェクト兼コミュニティ。
都市を活用したIPコラボレーションのXRコンテンツを展開し、リアルの体験価値をXRによって高めます。
また、NFT販売などを通じてNFTアーティストとNFTホルダーのコミュニティを形成していきます。

  • ■ STYLYについて

STYLYは、アーティストに空間表現の場を提供するリアルメタバースプラットフォームです。
STYLYを活用することで、Webブラウザのみで、VR/AR/MRコンテンツを手軽に制作できるだけでなく、VR HMDやWebブラウザ、スマートフォン、ARグラスなど多彩なデバイスに配信することが可能です。
また、MacやWindowsに対応。VR対応型PC以外の普及型パソコンでも稼働します。また、MAYA, Blenderなどの3Dソフトはもちろん、YouTubeなどのサービスと連携しているので、複雑な操作なしに各種素材を取り込み、空間制作に活用することができます。
2022年、都市空間にAR/MRコンテンツを配信できる追加機能を実装。今後は世界中のアーティスト・クリエイターが都市スケールのAR/MRコンテンツを作成・配信できる環境を提供していきます。

STYLY Official Site:https://styly.cc/
STYLY GALLERY:https://gallery.styly.cc/ 
VIVEPORT:https://www.viveport.com/c6682fba-9f3c-4519-abd9-4d799665a372
STYLY Mobile:
Google Play | https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr
App Store | https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256?mt=8 
STYLY for Nreal:
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.styly.Nreal

シェア・送る

あわせて読む